A Passing Fancy ...・・・ Irresponsible Diary @web ・・・

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2006-10.20 Friですの 後編[映画]

Comment[0] Trackback[0]
試写会当たりました、舞台挨拶(金子監督、松山氏、青山氏、満島さん)つきの。倍率5倍越だったらしいんですが、ハガキ2枚送って両方○…絶対運の無駄遣いしてる…(^_^) というコトで、藤崎さん誘って行ってきました。

今回も司会をつとめたアナウンサーが失礼な発言連発してましたが、何でコレでアナウウンサー?常識知らないにもほどがある。とりあえず、協賛意外の企業CMに出てるコトを話しはじめた役者は止めろよ、つか、逆に(聞き返したりして)煽ってどうするよ!!? ふ…なんだかもうどうでも良くなってきた…つか慣れた。
さておき、松山氏のお姿拝見は2度目(以前は男たちの大和の試写会で☆)でしたが、相変わらず細っこいなぁ…なので、L役で一番印象に残ってるのは「手足きっちりたたんでます」(誤)?

本編はといいますと…良かったですよ、原作後半の「ムリに引き伸ばしてる」っぽいトコ全部カットして残った要素だけをL編にツッこみ再構築!!という創りで。時間に制限のある劇場版においては、この監督の着眼点は大正解だと思います。原作既読でトリック理解済みのため、物理計算的な余計なコトを考えずにキャラの感情変化に集中して観れたというのもあるのでしょうが、なんだか色々とスッキリしました☆

というコトで、前編観た方、安心して後編もドウゾ!!
これまで漫画原作の実写化作品は多々観てきましたが、絵的なものを含めてここまで満足できた作品って珍しいぐらいだったかと…v

公式HP
デスノート the Last name
  


 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。