A Passing Fancy ...・・・ Irresponsible Diary @web ・・・

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2007-01.31 Wed合い間をぬって[映画]

Comment[0] Trackback[0]
色々バタついた日々ですが、合い間をぬって映画観にいきました。

まず試写会で「幸せのちから」 母親も含め、父子以外の内面描写がバッサリ切り捨てられてるのが強引なカンジで私の感性にはヒットしなかったんですが…まぁ、役者勝ち、ホンモノの父子のナチュラルさは心地よかったです(^_^) いわゆる普通の感性のヒト(苦笑)が泣ける度はかなり高いんじゃないかな~?

次に「どろろ」 始まりと設定説明がスローテンポだったのでちょっと長く感じてしまいましたが、1本でまとめた映画作品としては、原作の尻切れっぽさもカバーして上手くアレンジ&まとめてあったと思います。
…が、如何せんアレンジ、異世界次元(原作は室町時代だったハズ)を採用してしまったがために社会背景の持つ重みが無くなり、一般ファンタジー化してしまっていたのは残念なトコロ。某イケメンバッタ仮面シリーズのような絵面や音楽も◎は個人的な好き系作品には並びますが、一般人でさえ酷い格差社会に追い討ちをかけるような百鬼丸の過去(人と違うってコトで差別されてきた)やどろろの生きるための貪欲さなどが薄れて安直な印象でしたし… なんかこう、「どろろ」って「火の鳥」と並ぶような手塚作品の中でも社会問題に言及する道徳テキストちっくなテイストが重要だと思っていたのでそのあたりはちょっと勿体ないかな~と。(←トレンディー役者起用作品にコアなもの求めるのが誤/^_^;)
つか、短刀直入にどろろの年齢に無理がありすぎるのが痛手、役者の力量どうこういう問題じゃなくロリ萌えを返せ!!!(暴)
や、面白かったんですけどネ。

公式HP
幸せのちから
どろろ
  


 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。