A Passing Fancy ...・・・ Irresponsible Diary @web ・・・

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2007-04.30 Mon生存(の糧)日記[映画]

Comment[0] Trackback[0]
色々あった4月も最終日でゴザイマス…なんだかんだで先月に引き続き時間外労働けっこうなコトになってて、出勤簿にキレイゴトな勤務時間を記載しててちょっと凹みました(←学習しない)

まぁ、それでも映画は観に行ってんですけどネ…(爆)
というコトで、まずは4/1映画の日は諸事情で2本。本当はゴーストライダーかホリディ加えて3本観ようと思ってたんだけど… ちなみに、1日as日曜だから絶対人が多い(←経験上)とふんで、前日にチケ購入(土曜サービス出勤でゴザイマシタヨ…)してて正解でした。今回は特に凄かった…つか、いつも空席情報を流してある電光案内板が“調整中”で稼動してなかったから余計にチケ売り場の人の流れが悪…(薄笑)

≪蟲師
大友監督のセンスは好きなので期待していたぶん…(以下略) 映像的には良いカンジだったと思うのですが、シナリオ的には原作読んでても置いてけぼりって…(薄笑) いっそ20分ぐらいづつのオムニバス形式のほうが良かったなぁ… ちなみに、ギンコと淡幽の関係は断固として認められませんでした。ギンコの独白なんぞ言語道断でゴザイマス。原作(読者が自力で察知&脳内捏造)至上ッ!!!!!

≪ナイトミュージアム
CMで目立ってたモアイはもちろん、大きいワン子と小さな英雄コンビという素敵伏兵がおりました☆ コレ、DVD購入確定
尚、両親離婚してて、父親は無職、母親&その新恋人(再婚済?)と同居しつつ、週に1度父親のトコに泊まりに行く息子…って設定がファミリー映画に採用されてるあたり、アメリカの道徳&倫理観念シビアだと再認識させられました(薄笑)


それから試写会。幻水ノップ合同誌、なんとか脱稿したので心起きなく(薄笑)

≪俺は、君のためにこそ死ににいく
CMそのまんま、特攻に散った青年を描いてる戦争映画だったわけですが… 泣かせどころは満載だし、見せ場の映像にも迫力もあるんだけど、如何せんまとまりがないカンジ。
事前に、「これは戦争(特攻)を美化する作品ではない」って広報しまくってありましたが、確かにそれ先手で言っとかないと「美化してるようにしか見えない」です、最後頃の場面なんか特に。まぁ、美化してあるのは戦争や特攻ではなくて“青年達の美しさ”なわけですが。以前、同題材のドキュメンタリーを観た時には色々考えさせられるコトとかあった題材なのに、物語にするとこうも印象変わるものか…と思ってしまいました。全体が美しくまとまりすぎてる脚本と題材とのバランスがとれてないな~と思ってしまったのが敗因。
“物語”としてだったらいっそ大和ぐらいやってくれたほうが好きだなぁ…。(そもそも役者サン、生き残ったヒトを演じるのが仲代氏と徳重氏では、かもしだせる重みが違うデスヨ…)



公式HP
蟲師
ナイトミュージアム
俺は、君のためにこそ死ににいく
  


 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。