A Passing Fancy ...・・・ Irresponsible Diary @web ・・・

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2007-06.06 Wedジェットコースター舞妓喜劇[映画]

Comment[0] Trackback[0]
…って変なサブタイトル振られてた試写会に当たり、観てきました、舞妓Haaaan!!!。
開場と同時ぐらいに行ったのに、やたら人が多かったのである程度の察しはつきましたが、舞台挨拶つき(監督と小出ちゃん)でした。つか監督がのっけからもの凄いテンション高かったですヨ…(^_^;)


さて本編、なんていうか…本当にノンストップでEDまで止まらないジェットコースターコメディでした。そして、何が凄いって他の出演者さんも誰一人ノリ遅れてないところ。ほら、阿部さん(に限らず、「大人計画」の人達/薄笑)はけっこう特殊な存在だから、ヘタをすると浮きっぱなしになりかねないかも…と危惧してたんですが、完全に杞憂でした(悦)
例えるなら『共演者&脇役の小ネタが前菜や添物どころの量じゃないから、それだけでもお腹いっぱい…でも、阿部サダヲはまだ入るヨ!!』ってカンジ。
つか、堤真一に万歳三唱!!!

あと、特筆しておくべきなのは植木等さんの出演の1シーン…短い場面ですが、とてもユル~いノリの笑いに微笑ましくほんわか幸せ気分になれました。あらためて偉大な人だったんだなぁ…と、ちょっとしんみりしつつ。
のっけからハイテンションから入ってるため、笑い疲れが来そうなところにほっと一息つかせてもらえる演出は、他にもちょくちょく入ってましたが、私の感覚的には丁度良いタイミングと頻度だったので「あぁ、上手いな~」とも思いました。

ま、特殊なノリなので好みは分かれるかもしれませんが、笑いのツボは『有頂天ホテル』と同系(違いは導入に助走のノリが無い/笑)で、見終わった後「疲れたけど爽快」でした。
とりあえず、始まってすぐに食いつけるなら最後までイケます、友人には絶対オススメ(類友)~♪


公式HP
舞妓Haaaan!!!
  


 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。