A Passing Fancy ...・・・ Irresponsible Diary @web ・・・

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2008-01.16 Wed若返り。[ゲーム]

Comment[0] Trackback[0]
色々ストレスの多い日々なので、ちと発散するために何かゲームを…と棚を観ると、買ったまま手をつけてないゲームが10本以上に。殆ど中古とはいえ、総額…ガクブル。年間出費が 服飾&化粧品<本、ゲームなあたり、女として金の使いどころ誤ってる気がしないでも…(以下略)

結局、初めてみたのは金色のコルダ。初作、2、アンコール全部まとめてプレミアム版入手(だって、3本で1万円↓だったんだもん☆)したので、ネオロマフィーバー延長中ってコトで。

クラシック音楽のことは全く詳しくないので、先入で少し抵抗感があったものの、はじめてみると意外にすんなりと。使用されてる曲は有名どころだし、技法名とか解釈云々に出てくる作家とかも義務教育までの知識で問題無い程度で、けっこうお手軽だったのは良い意味でちょっと肩透かしでした(^_^;)

で、とりあえず流して全体を見た第一印象は、金持ちどもめ! や、My楽器持ってるヤツらがウロウロする私立学校ってだけで、異次元。公立で築30年以上(廊下が軋む音のする板張り)の校舎が学び舎だった人間にすれば、完全ファンタジーです(断言)
キャラに関しては、ライバル共を見て「あー、いるいるこういうヤツ」ってカンジ。香穂子に憑依して擬似恋愛するより『担任』視点、恋も友情も生暖かく見守ってあげる感覚で。
そして、怠慢な同僚に「仕事せぇや!!」と言いつつ、世話をやきたい♪って気にさせられてるあたり、やっぱり浮かれた仮想世界(薄笑)


公式HP
金色のコルダ
  


 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。