A Passing Fancy ...・・・ Irresponsible Diary @web ・・・

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2008-07.29 Tue反動[ゲーム]

Comment[0] Trackback[0]
更に潜っておりましたが、夏前の仕事の山場を超え、夏原稿(便箋&ゲスト)終わりました。

そして、遙か4に手をつけ、一気にクリア(40時間弱)
ノーマル→風早→アシュ→サザキ→那岐→布都彦→柊→遠夜→忍人→岩長姫、道臣、足住、夕霧、リブ、カリガネ(同時)→シャニ、皇(同時)→ムドガラ→サティ→風早
…改めて書くと、いかに事務的にやったかがわかるなぁ…もう、サブキャラ攻略なんて、6章~終章ウロウロ×3→終章→さらに終章だし、セーブデータも順番に埋まって綺麗なもんデスヨ(^_^;)

総評は、3は超えられなかったな…といったところです。

まぁ、悪くないゲームではあったと思いますが、発売日延ばされて、あの定価なワリには高額いな~と思わざるをえなかったです。
どうせならアタマに「神説」とか「紀録」とかつけてアンジェみたいに別タイトル起こせばよかったのに。

きっとスチルもボイスも少なかったから、きっと追加ディスク見越してるんだろうけど…(薄笑)


公式HP
遙かなる時空の中で4

というワケで、もうちょっと詳細を以下…かなり辛口デス(^_^:)......  
設定のコト≫
時代設定が神話+古代日本ってことで、着眼点は良かったんだと思うんですけどね…如何せん中途半端。コトバの読み一つとっても、次第に「しったかぶりに古語乱発しなくても良いから!」って思えてきました。語源的にも平安~戦国頃に派生した言葉まで混ざりまくりだし。しまいには言葉意外の文化おいてけぼり(方位とか時間とか)なことにイラっと。ファンタジーなのも、本題は恋愛なのもわかってるので、時代背景とか設定とかにそこまで精密なことは求めていませんが、それにしても限度ってモンがあるだろう!!?
シリーズ長いってことは、それなりに知識あるヒト相手にすること考えないと…このスタッフ自ら頭悪いです☆と開き直られたカンジは本気で説教したくなる…(苦笑)

また、根本的なトコで主人公に自己投影できないのは致命的でした。千尋が人物としてできあがってて、あくまで他人。そもそも、こっちの世界が完全アウェー、いきなり違う世界のとばされる→ひたすら「帰りたい」→色々あって慣れ、愛着もわいてくる→どちらの世界をとるか選択…だったから神子になったつもりで自分の感情として解釈&世界観にハマれてたのに。コチラに戻りたいという意思=バッドエンドのフラグのみってのは「遙か」としてどうなの!?

なので、今作は古代神話時代を描く恋愛シュミレーションではなく、いつもよりファンタジーなモノ作りたかったサウンドノベルだったんだと思うことに。

恋愛対象も、微妙に中途半端だった気が。基の設定は良いのに、関係がヌルくて何所を基点に神子に惚れていくのかが見えにくい相手がいて勿体なかったです、全員の恋愛糖度が低めなんだったらまだしも、差がありすぎ! さらに特別優遇されすぎてるヒトまでいるし…(>_<) 真の大団円と思われるエピソードを一人のED突っ込むなんて押し付けでしかないです。特定のヒトとくっつけば、全員幸せなんて要素は乙女ゲーでは禁忌だよ(力説)!!
そもそも、どのルートでも障害っぽく立ちはだかる狭井君は良い人すぎる…。国を優先するからといっても、千尋の人格を完全無視しないし、処断する云々のときも本気で姦計行使してないし。それに、「下々の者と親密になるな」といいつつも、如何ともしがたい恋愛の障害になるなんてこと全くしてませんよね?口出しするだけ~なのはまるで「母親のウザいとこ象徴」みたいな。壁にしては低すぎるヨ…(^_^) どう見ても岩長姫とセットで「母親」だよな~とか思ってしまうと、母王からめた過去話創造が楽しくて仕方ありません。
母王に関しても、もうちょっと表現を考えてほしかったな~と。私的に色々整理して解釈したら王族としての生きる術を躾として教えてくれるぐらいきちんと「母親」だと思った(その気になれば殺してしまっても全く問題無い時代背景)んですが、コレ、たぶん高校生ぐらいから見たら嫌な親でしかなくて、「何で怒られて突き放された記憶しかないのに千尋は母親のことを全く嫌いになってない(恋しがる)の?」なんて思って、ますます千尋には共感できない…なんて人いるんじゃないかなぁ?


システムのこと≫
3でのシステム⇔シナリオの完成度が高すぎたってのもあるのかもしれないけど、4のシナリオで章選択OKなのは単純にプレイヤーの都合で余計なイベントショートカットするのためだけにあるとしか思えなかったですね。
戦闘も、私的には神子中心で男性を使うっぽいシチュのほうが好きだったので、同列に立つことへの違和感が最後まで抜けなかったし…レンジLじゃないと弓の意味はねぇ(←ゲーム違います)!! そして、あくまでヒロインはいざというとき“庇われ守られる”べきだー!!!

声優シャッフルは有り(無くても良かったと、思わなくもない/苦笑)だと思ったものの、どうせなら全員変えれば良かったのに…何故に宮田サンだけそのまま?あのテの声は使い勝手悪いの?そんなに特徴的ではない(癖がない)と思うんだけど。
更に、これまでレギュラーだった方も揃ってないし、微妙に中途半端な…やっぱり追加ディスクかフルボイス版出す気かな(薄笑)

そして、大問題はEDテーマ曲…もう、コメントの気力もない。


……うっわー、辛口どころじゃ…な……期待しすぎてたんだなぁ、自分(苦笑)
  


 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。