A Passing Fancy ...・・・ Irresponsible Diary @web ・・・

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2009-02.26 Thu紅将軍[映画]

Comment[0] Trackback[0]
またまた試写会にて。つか、ここ最近バタバタし過ぎてたせいか、葉書送った記憶が無…でも返信宛名は自分の字…(←お約束)

さて、前作バチスタを見終わった時「女田口でもアリじゃん」と思いましたが、それを更に昇華。竹内サンのキャラ作りが強い、強い… 相変わらず、キャラの性別変えちゃったことで台詞の含みとか意味合いってあたりが違うよな…ってトコ多々でしたが、他の出演陣も相当濃いのに、結局今作も最後は“竹内主演映画”なわけです(笑) や、もう短パンユニフォーム姿再び!!で、カワイイから良しッ(誤)!!!
さて、救急救命センターがらみがテーマということで、最近世間的にも色々騒がれてることがいっぱい出てきましたが、重いテーマを重すぎず…でバチスタに比べれば医療のことには素人な立場からでもわかりやすかったです。血とかダメな人見ないほうが良いよ!ってのは医療テーマでお約束な範疇だったし(むしろ軽め)、所々にちりばめられた息抜き要素を含む2時間程度の上映時間もちょうど良かったかと。
「複線張ってました!」と自慢げにネタバレする後半は好みが分かれると思いますが、崇高で厳重な作品を望まないなら、「あー、やっぱりな」と生暖かくスルーできるので問題ないです。
そして、今回は殺人事件に注がれてる比重がとても軽…、途中から犯人さがし云々はおいといて…なカンジで話しがすすんだあげく、カミングアウト後もさらっと流されてしまうので、ミステリーとしてはどうかと思うわけですが。最近流行してるミステリーってこういう雰囲気の作品増えたよな~
というわけで、疲れてる時に見ても満足できる程度に頭使わない作品(←ほめ言葉) 更にに続編作られても観にいきます、きっと。


公式HP
ジェネラル・ルージュの凱旋
  


 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。