A Passing Fancy ...・・・ Irresponsible Diary @web ・・・

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2005-10.01 Sat映画の日[映画]

Comment[0] Trackback[0]
決行してきました『劇場カンヅメ』。
先日、たつきさんと一緒にチョコ工場を観に行った時に、「最近気になる作品多い」→「来月1日は土曜」→「ハシゴ可能」ってことで意気投合してしまいまして。
ちなみに、朝早い時間から劇場のチケ売り場は溢れ返るような人だかりでした。前日に買っておいて正解・・・

で、今回観たのはシン・シティ、ファンタスティックフォー、ルパンの3本。他にも観たいのがあったハズなのに、気付くと試写会で消化してたり・・・(苦笑)


≪シン・シティ
予告どおり年齢制限必要な過激な映像の連続で、観ていてずっと肩に力が入ってしまい疲れました(>_<) けど、モノクロ調が生きていて全体的にスタイリッシュなイメージだったのであまりグロいというほどでもなく。
『痛い』の感覚でで単調になりがちなのを、短編を時系列乱混させることでアクセントつけてあったのは良かったです。

≪ファンタスティックフォー
えー・・・まんまアメコミです。前評判通りX-M●Nとかぶりますが、仕方ないですね、先に作ってしまたほうが勝ち(痛)
正義と悪がはっきりしてますが、キャラたちの物事の根本的考え方が皆凄く幼稚(薄笑) 研究者って子供っぽいっていう感覚はわかりますが(仕事柄まわりにわんさかいるので・・・)流石にそれはないだろう!!?ってぐらいで。もちろん、EDもお約束どおり続編作れますネ・・・ってヤツだったので、ある意味安心して観れる癒し系作品でした(←シン・シティの後だったので余計に・・・/苦笑)

≪ルパン
ライトアップされていたのがルパンの青年期、本当に若い頃だったので、あまり“怪盗紳士”というイメージではなかったです(←つか、若気の至りってヤツは観ていてイタイ/爆)。なので、おそらく日本人の大半がもつルパンのイメージとは違うと思われます。ストーリー的にはも色々なエピソードを混ぜすぎだった気もするし、なんだか少し物足りないというカンジがしてしまいました。有名なトコ混ぜれば良くなるってモンでもなかろうに・・・。
あ、映像美は素晴らしかったです。ウリにしてあった服飾はさながら、田舎と都会の町並みの対比とかも良かったですし。フランス映画独特のエレガントさは流石ご本家というカンジだったと思います。



そうそう、劇場でばったりあやめさんや仲村さん達に会いました。類は友を呼ぶとはよく言った・・・(苦笑) つか、誰かに会う気がするとは思っていましたが、やっぱりな~というカンジ。


公式HP(日本語)
シン・シティ -SIN SITY-
ファンタスティック・フォー
ルパン
  


 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。