A Passing Fancy ...・・・ Irresponsible Diary @web ・・・

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2005-12.12 Mon大猿[映画]

Comment[0] Trackback[0]
えらい話題になってるキングコング、CMで観る限り、相変わらずナオミワッツの悲鳴は凄いネ!! 表情綺麗なままであの声だからな~ そういや、もう30代半ば?若い… ちなみに、彼女には鬼才的絶叫ヒロインという肩書きもあるそうで…(^_^;)

それにしても、ジャパンプレミアの映像観て一番驚いたのは監督の激痩せっぷり。確かに、何かの雑誌のインタビューでハードな撮影スケジュールで痩せたという記事を見た記憶はありましたけど、ここまで細くなるとは如何なものか?指輪のとき村の酒場とかで飲んでそうな人だったのに、コングでは遭難した時に真っ先に見捨てられそうな乗組員みたいなカンジ(どんなカンジだ…)になってたんで、最初見た時『誰ッ!!?』って思いました。マジで。
個人的には以前のイメージの方が好きでしたね、裸足にサンダルとか人参かじってるのが似合ってたので(苦笑)

さておき、私的に一番気になるところはやっぱり猿の中の人=アンディさん(断言) …ですが、3時間の長丁場を劇場で耐える自信がないのでDVDの特典映像とコメンタリー狙いでいこうと思います。(コメンタリー付き出るのか・・・?)


公式HP
キング・コング
  


 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。